眼の病気 黄斑変性とは

眼の病気 黄斑変性 眼底の断面図 黄斑変性とは、黄斑部組織が壊され見たいところが見えなくなる病気です。
黄斑部とは、網膜上中心にあり、 物を見る最も重要な部分です。したがって黄斑部が機能しなくなると見たいところの真ん中が見えにくくなり、視力は著しく低下することになります。
原因は老化のためと言われ、60歳以上の男性に多く発症します。

加齢黄斑変性 正常な見え方 片目で左図の中心の黒い点を見て、碁盤の目のように見えれば、正常な見え方です。黄斑変性の場合、下の図のように見えます。

加齢黄斑変性 異常な見え方

≪黄斑変性の詳しい説明へ‥≫

眼の病気 黄斑変性の治療方法

黄斑変性には、萎縮型と滲出型の2種類があり、萎縮型には、現在のところ治療法がありませんが、滲出型には、視力を維持、もしくは改善できる治療法があります。

滲出型黄斑変性の原因は、黄斑部に溜まった老廃物などが影響をおよぼし、脈絡膜で新たに発生した血管(新生血管)が伸びてくることです。
この血管が非常に脆く、出血したりして黄斑部の機能をに障害を与えてしまいます。

鶴田眼科では、2種類の方法から、皆様の目の状態に適した方法を選択・組み合わせて治療しています。

① 抗VEGF抗体(抗血管新生薬)療法
抗血管新生薬(アイリーア、ルセンティス)を硝子体内に注射することで、脈絡膜新生血管の発生を退縮させる治療法です。

≪抗VEGF抗体療法の詳しい説明へ‥≫

② 光線力学的療法(PDT)
光に反応する薬剤(ビスダイン)を静脈注射で体内に投与した後、病変部に低出力レーザーを照射し、脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。

他に、黄斑変性発症を予防するサプリメント≪オキュバイト≫の摂取も有効です。

Copyright (C) 2015 Ivis Consulting. All right reserved.