眼底の病気 網膜静脈閉塞症

眼の断面図 眼底 網膜静脈閉塞症とは、網膜に存在する多数の静脈が、詰まったり、血液が円滑に流れなくなったりした時に、出血したり、浮腫(むくみ)を起こし、ある日急に、見えにくくなったり、物がゆがんで見えたり、視界がぼやけたり・狭くなったり、黒っぽい影が見えるようになったりする病気です。痛みはありません。
原因の多くは高血圧で、次いで動脈硬化があげられます。
出血や浮腫(むくみ)が、黄斑部におよぶと、見え方に著しい変化がありますが、周辺で発症した場合、少しおかしいな‥くらいで自覚症状があまりないことがあります。放置しておくと、機能しなくなった血管の代わりに、あらたに血管ができます(新生血管)。この血管が非常にもろく、また別な箇所で出血します。また、この新生血管が硝子体で出血したり、虹彩にまで達すると緑内障を引き起こすこともあります。
高血圧や動脈硬化の方は、定期的に眼科で検査した方がいいでしょう。

眼底の病気 糖尿病性網膜症

糖尿病の三大合併症は、腎症、神経症、そして目の網膜症です。
血糖値が常にコントロールされていれば、 糖尿病網膜症の発生は避けられます。しかし、いったん糖尿病網膜症で眼底に出血したりしますと、 その後血糖をコントロールしても、網膜症そのものは進行していきます。糖尿病により眼の網膜の血管に異常が発生し、 血管が膨張したり破れたり、異常増殖することにより眼の機能に障害がでてきます。
初期の段階では、自覚症状はほとんどなく、眼底出血や白斑などの沈着物も内科的に糖尿病を治療し血糖を正常化することで消失しますが、進行すると眼底出血や眼底の血管異常が多発し、視力低下や飛蚊症がおこります。
糖尿病性網膜症は失明に至る恐ろしい病気です。糖尿病と診断されたら、定期的に眼科検査を受けましょう。

眼底の病気 網膜剥離

網膜剥離とは、網膜が眼底から浮き上がって、はがれてくることをいいます。
網膜剥離をおこすと光を感じる網膜がはがれてしまう為、視神経細胞が機能せず物が見えなくなります。 実際には片目で見た時に部分的(上半分とか下半分または耳側や鼻側)に見えないところが生じます。 剥離の部分は徐々に広がりますので、時に上から黒いカーテンが降りてくるように見えなくなった、 また下から黒い影がせり上がってきた、と言われることがあります。
先天性と後天性があり、後天性にはぶどう膜炎から起こるタイプや、腫瘍による症候性網膜剥離、 網膜にあいた穴から硝子体液が流れ出したためにおこる裂孔原生(突発性)網膜剥離があります。 裂孔原生(突発性)網膜剥離は、老化から起こるものが多く、主に40代以降に起こりやすいと言われてきましたが、 最近では10代から30代でも発症する人が増加しています。
強度近視の方、視界に黒い点・白い点のようなものがちらちらと見える、または黒い点のようなものが急に増えて見える(飛蚊症)、そして目の前に突然ピカッと光るものが見える(光視症)、目の奥がなんとなく痛い、または重く感じるなどの症状が出てきた場合、眼科で検査した方が良いでしょう。

眼の病気 後部ぶどう腫 虹彩 脈絡膜 毛様体

眼の病気 ぶどう膜 虹彩 脈絡膜 毛様体 強度近視(-6.00Dを超える近視)のほとんどは、眼が前後に伸び(眼軸が長くなり)、網膜・脈絡膜に余分な負荷をかけています。
後部ぶどう腫は、網膜・脈絡膜・強膜の1部分が、さらに後ろに引き伸ばされ、眼底に様々な異常を発症する病気です。

近視が病気という考えは、一般的ではありませんが、児童の場合は特に、体の成長と共に近視が進行しやすいので、強度近視にならないよう、生活習慣の改善と矯正方法の工夫が必要です。

Copyright (C) 2015 Ivis Consulting. All right reserved.