眼の病気 緑内障とは

眼の病気 緑内障 眼の断面図緑内障とは、視神経が侵され、だんだんに目が見えなくなる、大変恐ろしい身近な病気のひとつです。
40歳以上の、20人に1人が緑内障との統計結果がでているにも関わらず、治療をしている方は、約10%の方で、残りの約90%の方は、まだ気が付いていないという状況です。
初期の段階では、自覚症状はありません。緑内障が進行していくにつれて、視野が少しずつゆっくりと欠けたり、狭くなったりしてきます。

緑内障の視野欠損(初期)緑内障の視野欠損(中期)緑内障の視野欠損の後期)
緑内障初期の視野欠損緑内障中期の視野欠損緑内障後期の視野欠損

初期~中期にかけて、こんなに視野が欠ければ気が付くだろうと思いますが、普段は両目で見ており、片方の見えない部分をもう一方の目が補うため、自分ではなかなか気が付かないのです。 もし、おかしいなと思っても、目が疲れたかな?と思うくらいで、眼科に行く方は少ないようです。
治療をせず放置しておくと失明に至ることもある、とても気が付きにくい病気です。早期発見のために、40歳を過ぎたら、年1回は眼科で検診すべきです。

眼の病気 緑内障の原因

緑内障の原因は、視神経繊維が疲弊・減少し、見えているものを脳にうまく伝達できないために起こります。

視神経繊維の疲弊・減少の要因

  1. 高い眼圧(21mmHg以上)‥原発閉塞隅角緑内障・原発開放隅角緑内障
  2. 眼圧(10~20mmHg)に対する視神経繊維の弱抵抗性‥正常眼圧緑内障
  3. 他の病気や薬の影響‥続発緑内障
  4. 先天性‥発達緑内障
眼の病気 緑内障の種類

眼の病気 原発隅角閉塞緑内障

緑内障 房水の流れ。正常、異常房水の通り道(①の部分)や排出口付近(②の部分)が狭くなり、房水の循環・排出がうまくいかず、眼圧が高くなって発症する緑内障性視神経障害です。
急性発作の場合、目や頭が痛くなる、吐き気をもよおすなどの症状を起こすことがあります。

眼の病気 原発隅角開放緑内障

房水の排出口が目詰まりを起こし、眼圧が高くなって発症する緑内障性視神経障害です。

眼の病気 正常眼圧緑内障‥緑内障全体の70%。特に要注意!

眼圧は一般的に正常値(10~20mmHg)にもかかわらず、視神経繊維が疲弊・減少してくるものです。
もともと視神経が弱いため、少しの圧迫でも発症する緑内障性視神経障害です。
この、眼圧が正常値である緑内障の発症率が高く、緑内障に罹っている方の約70%との統計結果が出ています。

続発緑内障

他の病気や服用している薬の副作用の影響により、眼圧が高くなって発症する緑内障性視神経障害です。

発達緑内障

先天性の緑内障性視神経障害です。
胎内で目の発達が充分でなく、誕生の時すでに発症している場合と、誕生後発症する場合があります。

眼の病気 緑内障の治療方法

緑内障の治療方法は、点眼薬投与、レーザー治療・手術とその症状により様々ですが、まずは、眼圧を下げる点眼薬を投与することから始める場合が多く、眼圧を確認しながら、点眼薬を変更したり、複数の点眼薬を併用したり、内服薬が追加されたりします。
視神経の状態を現状よりも悪化させないための、気の長い治療になります。見え方に変化がないからと、治療を中断しないよう、一緒にがんばりましょう。

眼の病気 緑内障、鶴田眼科での治療

鶴田眼科医院では、さまざまな目の病気を早期に発見するために、全ての方の視神経、黄斑部をはじめとした眼底を確認しており、何らかの病変を発見した場合、皆様と相談の上、緑内障の疑いがある場合は、視野検査を始め、眼底を詳しく検査できる視神経乳頭解析装置により、状況を正確に把握し、より的確な治療を致します。

Copyright (C) 2015 Ivis Consulting. All right reserved.