玄関入口

明るい玄関の様子 正面が眼科入口、左手が鶴田コンタクトレンズ室です。
誠に恐れいりますがここでスリッパにお履き替えください。※
スリッパは午前と午後の診療終了後に消毒洗浄しております。
院内は段差がなくスペースも充分ありますので、車椅子のままお入りいただけます。
車椅子は院内にも用意しておりますのでご安心ください。ご利用の際は受付にお申しつけください。。

※何らかの理由で、スリッパの履き替えに問題がある場合は、靴のままお入りいただけます。

待合室

広い待合室の様子 健康保険証と診察券を受付のものにお渡しください。
診察券をお忘れになった場合でも大丈夫です。受付で名前をおっしゃってください。
待合室右手奥はじゅうたん張りのスペースがあり、絵本や雑誌など、自由にご覧になれます。
お名前が呼ばれるまでゆっくりおくつろぎください。

検査室

アコモレフケラトがある検査室の様子 お名前が呼ばれましたらお入りください。自覚症状をお聞きし、視力、眼圧などを測定します。
その、後院長の診察となります。

暗室

共焦点走査型ダイオードレーザー、ハイデルベルグスペクトラーリス、ビズラスPDTシステム、ペンタゴンオキュラス角膜解析装置、視神経乳頭解析装置のある暗室の様子 暗室には、暗いところの方が検査しやすい特殊機械があります。
視神経乳頭解析や眼底三次元画像解析、視野検査など、目の中の詳しい検査をします。
また、マルチカラーレーザーやPDTレーザーを用いたレーザー治療もここで行います。
お入りになるときは明るいのですが、検査中は暗くなります。検査終了後はまた明るくなりますが、スタッフが誘導いたしますので、座ったままお待ち下さい。

手術室

センチュリオンがある手術室の様子 手術室は2階にあります。エレベーターで2階にお上がりください。
手術は毎週水曜日の午後実施しております。
詳しくは、受付のものに、お問い合せください。

鶴田循環器内科医院

鶴田循環器内科医院 院長は、私の兄です。全身の健康管理はお任せください。
眼科手術や造影剤検査の際、力強い味方です。

Copyright (C) 2015 Ivis Consulting. All right reserved.