硝子体の病気 飛蚊症

眼の病気 目の横断面図 硝子体 飛蚊症とは、明るい所で白い壁、青い空、白い紙を見つめた時、目の前を黒い点のようなもの、糸くずのようなもの、または水玉のようなものが飛んでいるように見える。もしくは、いつでも何かを見ようとすると、見ようとしたものと重なって、何か不快なものが見える、いやな症状です。

原因は、硝子体の濁りや浮遊物が影となって見えるためです。
大半は老化現象のひとつで、問題ないと診断される場合が多いのですが、いろいろな病気の兆候である場合もあります。 特に、急に浮遊物が大きくなったり、数が増えたりした場合は、網膜はく離等の疑いがでてくるため詳しい検査が必要になります。

硝子体の病気 光視症

暗い所や薄暗い所にもかかわらず光を感じる状態をいいます。「稲妻が走った」や「火花が散った」ような感じがします。
これは、加齢により水分が抜けて縮んだ硝子体が、目の中の壁から浮いてくることで発生します。 これ自体は異常なことではなく、年齢の変化からおこる正常な現象です。
まだ硝子体が浮いてないところが、目を動かすことで網膜をひっぱり、この刺激が光として感じられるのです。
飛蚊症と同様にいろいろな病気の兆候である場合がありますので、眼科を受診した方が良いでしょう。

Copyright (C) 2015 Ivis Consulting. All right reserved.